SNSを使ってアピールをする

自分から宣伝することがコツ

クラウドファンディングのサイトに登録して、それだけで満足しないでください。
待っているだけでは、誰も気づいてくれません。
出資されないまま期日を迎えると、資金を1円も得られないので注意しましょう。
クラウドファンディングを成功させるためには、宣伝することが非常に大切です。
ネット上で宣伝することで、会社の存在を知ってくれる人が増えます。

興味を持ってもらえると出資してくれますし、商品やサービスをこれから使ってくれるかもしれません。
このように資金集めができる以外に、会社の売り上げを高められる面がメリットと言われています。
ネットで宣伝する方法はいくつかあるので、自分に合う方法や効率の良い方法を選んでください。

おすすめはSNS

今は、SNSで情報収集をする人が増えています。
出資先を探している人も多く、SNSでクラウドファンディングをしているとアピールしましょう。
SNSは無料でアカウントを作成し、すぐに情報を投稿できます。
また他のユーザーからメッセージを受け取れるので、質問されたら快く応じてください。
この時に雑な態度を取ったり、返信が遅れたりすると信頼を失ってしまいます。

メッセージは最低でも、3日以内には返信するのがルールです。
そして、連続で情報を投稿することも避けましょう。
連投すると、他のユーザーからしつこいと思われます。
1日数回でも十分に効果を発揮できるので、節度を守りましょう。
誰にでも読みやすい文章を心がけ、簡潔にまとめてください。


▲ TOPへ戻る