クラウドファンディングに挑戦してみよう

クラウドファンディングができるサイト

資金調達のためにクラウドファンディングを行いたいと思ったら、はじめにサイトを探してください。
そこに会社や経営者の名前、求めている金額や期日を登録するだけでクラウドファンディングを開始できます。
銀行から融資を受ける際は様々な書類を用意して、審査を通過しなければいけません。
クラウドファンディングはそのような手間がなく、いつでも簡単に始められる面がメリットです。

金融機関のような厳しい審査を行わないので、社会的な信頼が低く、銀行の審査を通過できない人でも利用できるのが嬉しいですね。
これまでに経営していた会社が倒産してしまった過去がある人、初めて会社を経営する人は社会的な信頼が低いので、最初からクラウドファンディングを選びましょう。

情報を詳しく記載すること

出資してもらうコツは、たくさんの人に信頼されることです。
何をしているのかわからない、怪しい会社だと思われると誰も出資してくれません。
信頼がなければクラウドファンディングが失敗するので、気を付けてください。
そこで会社の情報を、詳しくサイトに記載しましょう。
現在行っている事業やこれから行う事業、そしてそのためにこのぐらいの資金が必要だと、計画を書くのがおすすめです。

また自分の情報も書くと、さらに信頼されるでしょう。
大手企業で働き、経営のノウハウを学んだことや、大学で経済学を勉強したことは立派なアピールポイントになります。
できるだけ多くの情報を書き、空欄を埋めてください。
空欄が多いと、真面目に資金を求めていないと思われてしまいます。


▲ TOPへ戻る